So-net無料ブログ作成
検索選択

アンチエイジング いつまでも若くあるために

「スポンサーリンク」




今回紹介するのはアンチエイジング
つまり老化対策です。これを知ればいつまでたっても
若いころのままでいられます。


まだ老化を意識しない10代の女性も今から正しい知識を手に入れ
手入れをしっかりすれば老化なんて怖くありません。



肌の老化が起こる一番の理由が紫外線です



紫外線は一年を通して肌にダメージを与えています。
一言で紫外線と言っても、A波とB波に分かれており、
それぞれ特徴があります。



★紫外線A波(UVA)
UVAは肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンを傷つける紫外線です。


コラーゲンとエラスチンが傷つくことによって
肌の弾力が失われて肌のたるみ、
シワなどの原因になります。


また、UVAはコラーゲンとエラスチンを生成している
線維芽細胞という細胞を傷つけて機能を低下させてしまい、
コラーゲンとエラスチンの生成量が低下させてしまいます。


UVAは雲やガラスを通過することができるので、
雨の日や曇りの日、室内であっても油断することはできません。



☆紫外線B波(UVB)
UVBはシミやくすみなどの原因となる紫外線です。

UVBが皮膚に当たることによって、
メラノサイトという色素細胞がメラニン色素を作り出します。


このメラニン色素によってシミやくすみが起こります。

メラニン色素は黒色をしており、UVBを吸収する役目を持っています。

メラニン色素によってUVBは肌の奥に到達するまえに
吸収されるという仕組みです。


しかし、メラニン色素は一度生成されると
肌のターンオーバーが起こるまで肌に残り続けますし、
一度色素沈着を起こすとなかなか解消することができません。


そのため、UVBを浴びる前に紫外線対策を行う必要があります。
「スポンサーリンク」





紫外線による肌の老化を防ぐことは
アンチエイジングにとってとても重要となります



UVBは曇りや雨など天候によって照射量に変化がありますが、
UVAは基本的に常に降り注いでいると考えるようにしましょう。


つまり、年中紫外線対策を行わなければなりません。


基本となるのはやはり日焼け止めクリームです。


UVカット性能を現すSPFという数値がありますが、
単純に高ければ高いほど日焼け止め効果が高まります。


しかしその分、塗った部分が不自然に白くなったり、
べたつきが強かったりするというデメリットもあります。


また、日焼け止めクリームだけでなく日傘や帽子、
長袖などを利用するのも重要です。


目から入った紫外線によって
全身にメラニン色素が生成されることもあるので
UVカット加工のされたメガネやサングラスも
利用することをオススメします。


紫外線を浴びると分かっているときには
事前にビタミンCなどの抗酸化効果のある成分を
摂取することで日焼け対策を行うことができます。


今回の知識は生きているうちは常に頭の中で意識していたい
ことです。
紫外線は大敵です!
「スポンサーリンク」




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。