So-net無料ブログ作成
検索選択

毛穴の黒ずみを落とすための洗顔テク 2

「スポンサーリンク」


前回は毛穴の黒ずみを落とすために
洗顔料について紹介させていただきました。



今回は『洗顔の種類』と『洗顔方法』です。



洗顔の種類には、
【クレイ洗顔】【スクラブ洗顔】と呼ばれるものがあります。


これらは毛穴の汚れを落とすのに特化した、
いわゆるクレンジング洗顔に分類されます。


強力に皮脂を洗い流す洗浄力と、
毛穴の奥の汚れを掻き出す、
あるいは吸着して取り除くことができるので
毛穴の黒ずみが気になる人は利用するようにしましょう。



しかし、これらは洗浄力が強すぎるため、多用は禁物です。


肌に必要な皮脂を洗い流すほか、
肌を傷つけたり、肌の乾燥の原因になります。


週に2~3度程度にしましょう。

乾燥肌や敏感肌などの人は、
スクラブ洗顔やクレイ洗顔などの
洗浄力が高い洗顔料を利用すると
肌の状態が悪化する場合がありますので、
使わないか、様子を見ながら使用するようにしましょう。
「スポンサーリンク」



毛穴のための正しい洗顔テク
毛穴の黒ずみを消したくて、ゴシゴシとめいっぱいの力で
洗顔を行っている方はいないでしょうか?


強くこすることによって
毛穴の奥の汚れを洗い流すことができそうですが、
実際には
毛穴の中の皮脂を押し込んでいて、黒ずみが悪化
してしまいます。


そのため、洗顔は優しく、正しく行う必要があります。


まず、洗顔料を泡立てネットで十分に泡立てて、
柔らかでキメの細かい泡を作ることが大事です。


この泡を顔に乗せて、
泡を転がすように洗顔を行っていきましょう。


泡は大きく動かす必要は無く、
指の腹を使って細かく左右に動かして、
泡の持つ洗浄力で毛穴の汚れを洗い流す
イメージで行います。


これによって、
しっかりと毛穴の汚れを落とすことができますが、
慣れていないと「洗った気がしない」
と感じる人もいるかもしれません。



しかし、
これが本来の毛穴の汚れを落とすための洗顔方法ですので、
今までが強すぎたという認識を持つようにしましょう。


また、
すすぎは十分に行って洗顔後には必ず保湿ケアを忘れずに^^



そしてすすぐ時は熱いお湯は避け、
「冷たく感じるお湯」でやさしく泡を洗い流しましょう。


洗顔料についてですが
人間の肌は弱酸性なので弱酸性の洗顔料を選びましょう


これは肌に常駐している菌が活動しやすい状態で、
洗顔後は肌がアルカリ性、あるいは中性に傾いてしまうために
一時的に肌の防御力が低下してしまいます。


そのため、
今では弱酸性の洗顔料がほとんどではないでしょうか。


今までの洗顔料というのは
石鹸で作られているものがほとんどでしたが、
石鹸はアルカリ性であるため肌をアルカリに傾け、
肌のツッパリなどの原因になります。


肌の健康を守るためには
、弱酸性の洗顔料が適切なのです。
「スポンサーリンク」



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。