So-net無料ブログ作成

毛穴の黒ずみを落とすための洗顔テク 1




以前毛穴の黒ずみの原因について紹介しましたが
今回はその対策について紹介します。


毛穴の黒ずみの原因について知りたい方はこちらです⇒http://bit.ly/14P7KL8



毛穴の黒ずみ対策の基本は正しい洗顔です!

そのためには洗顔の行い方から洗顔料選びまで
正しい知識を持ってただしく洗顔しましょう!



まず、洗顔料の種類を把握しましょう!

洗顔料には実に様々な種類があります


固形石鹸タイプやジェルタイプ、
パウダータイプ、フォームタイプなどが代表的。

まずはそれぞれのタイプの特徴を紹介します。



☆固形石鹸タイプ
シンプルな石鹸タイプの洗顔料です。


昔は石鹸タイプの洗顔料が一般的でしたが、
最近ではフォームタイプに取って代わられました。


しかし、いまだに根強い人気を持っています。


石鹸タイプの特徴は、
皮脂をサッパリと洗い流す洗浄力の高さにあります。


石鹸はアルカリ性であるため、
弱酸性の肌にとって刺激が強い傾向にあるため、
洗顔後にはすぐに保湿ケアを行うようにしてください。


他の洗顔料と比較して泡が硬く、
泡立てるのが難しい傾向にあります。
手で十分に泡立てるのが難しい、という方は
泡立てネットを使用すると泡をたくさん作ることができます。
(が、手で一生懸命作った方が良質な泡ができます)



◇フォームタイプ
最も一般的な洗顔料のタイプになります。

しかし、商品ごとに特性が変わるので一概に
どのような特徴がある、と言うことができません。
(すいません)


さっぱりとした洗いあがりのもの、
肌トラブルに特化したもの、
洗顔と一緒に保湿を行うものなどがあります。



チューブやボトルに入っていることが多く、
クリーム状の薬剤になっていて、泡立てやすく、
キメの細かい柔らかい泡を作りやすいので
肌に負担がかかりにくいのですが、
すすぎ残しが起こりやすいので
十分なすすぎを心がけけるようにしましょう。




♡ジェルタイプ
ジェルタイプの洗顔料は、ジェルが皮脂や汚れを
しっかりと包み込んで洗い流すタイプにです。


ジェルタイプの洗顔料は肌に優しいものが多く、
肌のつっぱりが起こりにくいのが特徴です。

しかし、肌への負担を減らすために洗浄力は弱めですので、
オイリー肌の人には向いていない場合があります。



○泡タイプ
泡タイプの洗顔料は最初から泡の状態で
容器から出てくるため、洗顔料を泡立てるのが
面倒だと言う人や上手に泡立てることが
出来ない人にオススメです。


洗浄力は商品によって大きく異なりますが、
全体としては強めな傾向にあるようです。


また、これも商品によって異なりますが、
キメの荒い泡が出てくるものも多くあり、
満足できないという方が多いのも特徴です。

忙しい朝などに大変便利です。



☆パウダー状の洗顔料
私はパウダー状はあまり知らなかったのですが、
パウダー状態の洗顔料を手や泡立てネットで
泡立てて使います。


全体の傾向としては洗浄力が優しく、
肌に負担がかかりにくいです。


肌の表面を滑らかに仕上げる効果があります。


ただし、使い方には十分な注意が必要。

粉末状の洗顔料ですので、
粉が飛び散ってしまうことがありますし、
容器の中に水が入ると使うことが出来なくなってしまいます。


次回はもう少し洗顔について踏み込んだ話、
テクニックについて紹介したいと思います^^


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。