So-net無料ブログ作成
検索選択

透明感のある肌をめざしましょう

「スポンサーリンク」


誰もが憧れる理想的な肌に、
【透明感のある肌】があります。



透き通るような白さと、ツヤ、そしてハリのある肌を
透明感のある肌と言われていますよね。



スキンケアに力を入れている女性の全員が、
この透明感のある肌を目指して
日々努力していると言っても過言ではありません。



ここでは透明感のある肌を作るためのポイントを紹介します。



透明感のある肌は水分が大事
肌に透明感を出すためには
肌の水分量がとても重要となります。


肌に水分が多いと、肌にハリが生まれます。

また、
光沢感が出るのもやはり水分量が大きく関わっています。


肌の細胞の水分量が多いと、
それだけで透けて見えるような透明感が生まれます。

そのため、いかにして肌に水分を含ませるか、
そして肌の保湿を行うかが鍵となります。



☆毎日のスキンケア
肌に透明感を与えるために、
毎日のスキンケアでしっかりと
水分を肌にプラスしなければなりません。


基本は洗顔からの化粧水という流れです。

洗顔は肌のくすみを取るために
角質を落とす洗顔を意識しましょう。


泡立てネットなどで十分に洗顔料を泡立てたら、
顔に乗せて指の腹を使って優しく洗っていきます。


ポイントは泡を肌の上で転がすイメージで。

キメ細やかな泡が古い角質や余分な皮脂、
汚れ、角栓を少しずつ削り取っていくように。


指が直接肌に触れるか触れないか、
という程度で細かく前後左右に動かして
泡で肌を洗い上げていきましょう。


洗顔で毛穴の奥までしっかりと洗おうと、
手の平でゴシゴシと洗っている人がいますが、
これはスキンケアとしてマイナスです。



スキンケアはいかに肌に負担をかけずに
汚れや皮脂を落とすかが重要ですので、
優しく、丁寧に、を心がけましょう。



すすぎは洗顔料が肌に残ることの無いように
しっかりと行います。


洗顔後の肌は皮脂が少なくなっていて、
とても乾燥に弱くなっているので、
すぐに化粧水で潤いを与えましょう。


手かコットンにたっぷりの化粧水を取って、
肌に優しく馴染ませていきます。


拭き取りタイプの化粧水でなければ、
肌に押し当てるように行って、
摩擦による刺激を与えないように注意しましょう。


化粧水で十分に潤いを与えたら乳液、
もしくはクリーム
乾燥から肌を守る保護膜を形成しましょう。



☆日常生活の乾燥に敏感に対応
冬場はもちろんのこと、
夏場でもクーラーなどで
空気が乾いている場合があります。


空気の乾燥は肌の乾燥につながります。


しっかりと対策を行いましょう。

オススメなのはメイクの上から
シュッと一吹きできるミスト化粧水。


仕事の合間にシュシュッと吹きかけて、
ぎゅっと顔に馴染ませましょう。


また、デスクワーカーの方は卓上サイズの
観葉植物を置いたり、
デスク用のミニ加湿器を用意するのも効果的です。
「スポンサーリンク」



紫外線をブロックする
紫外線を浴びると
メラニン色素が生成されてシミやくすみの原因になります。


透明感のある肌にくすみやシミはあってはいけません。
それは透明感のある肌とはいえません!


メラニン色素は身体の防衛機能ですので、
悪いものではないのですが、
透明感のある肌を目指す人からすると
できればあって欲しくないものです。


そのため、
メラニン色素を作らないための工夫が必要になります。



☆紫外線対策を行う
紫外線を予防する方法に、
日焼け止めクリームを利用しましょう。



曇りや雨の日でも例え冬でも
紫外線はバッチリ降り注いでいるので
気を抜かずに毎日怠らずにしましょう。


また、日傘、帽子、サングラス
とても有効な紫外線対策になります。


案外油断しがちなのが室内にいるとき。
窓際などは容赦なく紫外線が降り注いでいるのを
覚えておきましょう。



☆紫外線を作らない成分を摂取する
トマトに多く含まれるリコピンなど、
紫外線を受けてもメラニン色素の生成を
抑制する栄養があります。


これらを普段から積極的に摂取することによって、
メラニン色素の生成自体を予防して
くすみの無い透明感のある肌を作ることができます。



これらのことをしっかり守り透明感の肌を目指しましょう♡
「スポンサーリンク」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。